空腹時

青汁の作り方

青汁は、メーカー商品を購入しなければ摂取できないわけではありません。
ミキサーがあれば、自分好みの青汁を自宅で簡単に作ることができます。
あなたも、次の手順で青汁作りに挑戦してください。

まずは、スーパーや八百屋で新鮮な緑黄野菜を手に入れます。
食生活で不足しがちな野菜とその栄養素を補うために生のまま絞って青汁にして飲むのですから、できれば無農薬で育てられた緑黄野菜でビタミンやミネラル、カルシウムなどが豊富に含まれている野菜を選ぶことが重要です。
また、毎日飲むものですから、いつでも入手できる野菜を選ぶことも大切になります。

簡単に水洗いをした後に、葉も茎も一緒にジューサーに入れて搾ります。
搾りカスには栄養分がたくさん含まれていますので、荒目の搾りカスが残った場合にはそれをさらにジューサーにかけて2、3回搾りると、栄養分のロスがありません。
青汁の栄養価は搾りたてが一番高いので、早めに飲むようにしましょう。

搾ったままにしておいて空気に触れさせると、青汁の栄養分が時間とともに減少してしまいます。
青汁で難しいのは、何といっても味の問題です。
特に自宅で作ったものは想像以上に飲みにくいですから、ジュースや牛乳で割ったり味噌や醤油などで味付けしたり、また、蜂蜜や糖蜜などを混ぜるなどの方法を試し、自分好みの青汁に仕上げてください。

このページの先頭へ