空腹時

青汁は糖尿病に効果的?

健康な人は、食事をしたり甘いものを食べたりして血糖値が上がると、すい臓からインシュリンが分泌されて糖をエネルギーに変えることで高血糖の状態を緩和させ血糖値を下げてくれます。
しかし、食事や甘いものを食べ過ぎて血糖値が高い状態が続くと、インシュリンを分泌し続けなければならない状態になり、すい臓が対応しきれなくなってしまいます。
その結果、すい臓の機能が低下してインシュリンを適切に分泌することができなくなってしまうのです。

これが、糖尿病です。
糖尿病が悪化すると、注射などで外部からインシュリンを取り入れなければならなくなってしまいます。
この糖尿病に効果的と言われるのが、青汁です。

特に、青汁に含まれる亜鉛やナイアシン、ビタミンB6や食物繊維が効果を発揮するのです。
高血糖の状態を緩和させ血糖値を下げることができる唯一のものは、インシュリンというホルモンです。
このインシュリンは、青汁に含まれている成分である亜鉛やナイアシン、ビタミンB6によって生成が促進されます。

また、便秘改善効果で知られる食物繊維には、食べた物の糖分や脂肪分をゆっくりと吸収させる作用があるのです。
このことで、血糖値の急激な上昇が抑制されますから、インシュリンもゆっくりとした分泌で対応できることになりもでよくなり、すい臓にかかる負担も減少するのです。

このページの先頭へ