空腹時

青汁の成分

青汁にはさまざまな種類があって原材料も異なりますから一律に青汁の成分名を挙げることはできませんが、ここでは、青汁の「代表的な原材料に含まれている成分」について見ておきましょう。
近ごろはさまざまな原材料の青汁が登場するようになりましたが、今でも原材料の最右翼はケールでしょう。
アブラナ科の野菜で、キャベツの原種です。

タンパク質、脂質、糖質、リン、カルシウム、ビタミンA・B1・B2・Cなどの豊富な栄養成分が含まれています。
これらの成分は血中コレステロールを低下させる働きがありますから、高血圧の方におすすめです。
ミネラルやビタミンEのほか、若返りホルモンの別名を持つメラトニンも含んでいます。

近年増えている青汁の原材料は大麦若葉で、大麦を20~30センチくらいの若葉の状態で摘み取ったものです。
成長した大麦より栄養素が豊富で、鉄分やカルシウム・マグネシウム・βカロテン・亜鉛などのミネラル分が多く含まれています。
アクが少なく味もまろやかなうえ食物繊維を多く含んでおり、成分的には女性向けです。
明日葉は「摘み取っても明日には生えてくる」ということから名前がついた植物で、八丈島や伊豆諸島の温暖な場所で栽培されています。
強い抗菌作用や発がん物質抑制作用のあるカルコン、クマリンなどの薬効成分が含まれており、血液をさらさらにして血栓を防ぐ作用があります。

このページの先頭へ