空腹時

青汁を飲みやすくする方法

飲んだことのない方にとっては、青汁は苦くてマズいというのが一般的なイメージでしょう。
残念ながらこのイメージは正しく、青汁は苦みがありますしおいしいものではありません。
もっとも、味覚には個人差がありますから、おいしいとか飲みやすいとか思っている人もいますが、青汁は飲みにくいもの、ということができるでしょう。

しかし近年は、原材料にケール以外の緑黄野菜を使用したりケール以外の複数の緑黄野菜を使用したりしてつくられた、飲みやすい青汁を手に入れることができるようになりました。
飲みにくい青汁を飲みやすくするためには、次のような方法で摂取することをおすすめします。
最も一般的な飲み方は青汁の粉を牛乳で溶かす方法で、まろやかで飲みやすくなります。

小さな子供でも無理なく飲めるように、牛乳だけではなく蜂蜜などを加える方法もあります。
市販のジュースで溶かして飲むのも、よく行われている方法です。
果汁100%のオレンジやグレープフルーツ、パイナップルなどのジュースを使います。

なお、果物のジュースではなく野菜ジュースを使っても、飲みやすくなります。
口コミなどによると、最近人気が高いのは、ヨーグルトを混ぜる方法です。
市販のドリンクタイプのヨーグルトで溶かすと、とまろやかになるうえにヨーグルトの乳酸菌と青汁の相乗効果で便秘改善に効果のある青汁ドリンクになるのです。

このページの先頭へ