空腹時

苦くない青汁はあるの?

青汁の苦みや強いクセは、原材料になっている緑黄野菜によるものです。
特に、ケールを原材料にしている青汁に関しては苦いとか生臭いとか言った感想を述べる人が多いようで、インターネットには青汁の苦みに関する口コミが多数掲載されています。
しかし近年は、ケール・大麦若葉・明日葉が青汁の三大原材料のほかに、ほうれん草・小松菜・ブロッコリー・キャベツ・ゴーヤなど、さまざまな緑黄野菜をブレンドした飲みやすいものが多く販売されるようになっています。

たしかに苦いと感じてしまう青汁もありますが、かつての青汁に比べれば、驚くほど飲みやすくなっています。
原材料に桑の葉や緑茶などを使った青汁で「モンドセレクション」の金賞をや世界各国から選りすぐりのお茶を集めて品質などを競う「国際名茶品評会」の金賞を受賞している青汁さえ手に入れることができるようになりました。
苦みの感じ方には、個人差があります。

また、生の緑黄野を搾った青汁なのに苦みがないのは青汁らしくない、青汁は味わうために飲むのではない、などとして苦みのない青汁を避ける人もいます。
苦くない青汁を探しているのであれば、ネット情報などを利用しながら、自分でいろいろ試してみるのが一番良い方法といえるでしょう。
おいしい青汁はムリでしょうが、苦くない青汁を見つけることは難しいことではありません。

このページの先頭へ