空腹時

青汁とは

青汁とは、ケール、大麦若葉、明日葉など生の緑黄野菜を絞った汁のことです。
多くの場合、粉末の状態で商品化されて栄養分や食物繊維を豊富に含んでいますので、不足しがちな栄養分や食物繊維を、飲むだけで簡単に補給することができる健康食品として飲用されています。
ポイントは生であることで、野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素は調理(加熱)したものより生の状態の方が高い、という特性を生かしたものが青汁なのです。

葉の色が「緑」なのだから「緑汁」と表現しそうなものですが、「緑黄の葉菜のことを青菜」と表現してきた「青」の用法を使って、「青汁」と呼ばれています。
青汁は、もともとは健康に強い関心のある一部の人や九州地域だけで知られている、いわばやマイナーなものでした。
この商品が注目を集めることになったのは、1990年代のことです。

全国放送されていたバラエティ番組の罰ゲーム用の商品として使われたのがきっかけで注目されはじめました。
飲むことが罰になるくらいですから、当時の青汁は大変なマズさだったことがわかります。
この青汁は、味のマズさを強調した商品CMとともに全国に知られるようになったのです。
近年、青汁は広く一般に知られる健康食品の一つとして、支持者を増やしています。

このページの先頭へ