空腹時

空腹時に青汁を飲んでも胃を傷めない?

特に胃が弱くない人であっても、空腹の時に「冷たいものや刺激の強いもの」を胃にいれると、胃痛や吐き気を起こすことはあり得ることです。
青汁の場合、青汁そのものに胃を傷つけるような成分は含まれていませんが、飲み慣れていなうえに独特な苦みがあることから、普段から胃があまり強くない人が空腹時に冷たくした青汁を一気飲みすると、一時的に胃痛や吐き気を起こすことはあり得ることです。
しかし、潰瘍を引き起こしたり長時間吐き気が続いたりするような心配はありません。

青汁には、いつ飲まなければならないという決まりはありませんが、青汁の豊富な栄養素を摂取するうえから言えば、空腹時に飲むことは、むしろおすすめの方法なのです。
空腹時に飲めば成分の吸収が良くなり、青汁に含まれる優れた成分を確実に吸収することができるのです。
しかも、他の食品によって栄養素を壊されたり薄められたりといった影響を受ける心配もありません。

さらに、ダイエットを目的に青汁を飲んでいる場合は、食べ過ぎ防止策として食事前の空腹時に青汁を飲むことをおすすめします。
食事前の空腹時に青汁を飲むと、満腹中枢が刺激されて空腹感が和らぐだけではなく食事による急激な血糖値の上昇を防ぐことができます。

このページの先頭へ