空腹時

花粉症に青汁が効くって本当?

花粉症は、花粉が原因で起こるアレルギーです。
今や国民病と言われるほど花粉症患者が年々増加し、天気予報の際には「花粉予報」も行われるのが常態化しました。
花粉症は、免疫に関係するリンパ球であるTh1細胞とTh2細胞のバランスの乱れによって引き起こされる、と考えられています。

Th1細胞とTh2細胞は、それぞれ異なるサイトカインと呼ばれる物質を出して免疫全体のバランスを保っています。
しかし、アレルギー疾患のある人はTh2細胞がTh1細胞よりも多くなってしまうのです。
このTh2細胞が増えると、花粉症や気管支喘息などのアレルギーを悪化させるのです。

花粉症は現時点では抜本的な治療法が見つかっていませんから、体の内側からの対策が必須になってきます。
その対策のひとつが、青汁による花粉症の悪化予防です。
青汁の原材料の代表であるケールには、花粉症緩和の有効成分である糖脂質とフラボノール配糖体という2つの成分が含まれていることが確認されています。

特に、糖脂質のインターロイキン4にはアレルギー反応を引き起こす物質を増やさない働きがあり、花粉症の悪化予防にも効果があります。
青汁には花粉症緩和の有効成分が含まれていますが、これは原材料のケールに含まれている成分ですから、ケール以外が原材料の青汁には、花粉症に関する効果は期待できません。
また、花粉症の発症を防ぐ効果ではなく症状緩和の効果であることを理解しておいてください。

このページの先頭へ