空腹時

青汁の原材料と種類

青汁メーカーでは、栄養価と飲みやすさにこだわった製品の開発・改善が行われています。
青汁は、一般的な緑黄野菜よりも栄養価が高い原材料で作られています。
代表的な原材料とそれらの特徴は、次のとおりです。
ケールは「スーパー野菜」と呼ばれ、青汁の原材料に最も多く使われているキャベツの原種です。
特有の青臭さや苦みがあり、効果は血糖値を下げる、便秘の解消、メタボリック解消などです。
また、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。
大麦若葉は若葉のままの大麦のことで、豊富なビタミン・ミネラルが含まれています。
飲みやすい青汁といえるでしょう。
食物繊維も多く、効果としては血中の老廃物の排除、便秘解消、新陳代謝の向上などがあります。
明日葉はケールよりも栄養豊富ですが、栽培地域が限定されているので材料の入手に困難さがあります。
カルコンという成分が含まれていて血圧を下げたり血液をサラサラにしたり、また、セルライトを解消する効果があります。
これら以外には、漢方薬の原料として使われている桑の葉・高血圧や糖尿病の予防に効果のあるよもぎ・高血圧や夏バテ防止に有効なゴーヤなども原料の一つです。
さらに、青じその青汁・レモンの青汁・豆乳の青汁・海藻(海草)の青汁なども商品化されています。

このページの先頭へ