空腹時

青汁の栄養素とその効果

青汁の栄養素とその効果は、使用されている原材料によって少しずつ違いがあります。
しかし、ほぼ共通して摂取できる主な栄養素とその効果は、次のとおりです。
ビタミンAは肌荒れや目の疲労に、ビタミンCは免疫力の強化や抗ガン作用、美肌作り効果を発揮します。

カルシウムやマグネシウムは高血圧や高コレステロールを防ぎ、心臓病から守ってくれます。
葉緑素はコレステロールを調整し、血液をサラサラにしてくれます。
鉄分は貧血を予防し冷え性の改善に効果的です。

食物繊維は栄養になるものではありませんが、体内の有害物質の排出や腸を正常化して便秘を解消することで大腸がん予防の働きをしてくれます。
また、抗酸化物質は、活性酸素の異常発生を抑え、ガンやさまざまな病気を予防するとともに老化を防いでくれます。
なお、青汁に含まれている栄養成分のなかには摂り過ぎてはいけないものもありますので、それぞれの青汁の飲み方を確認してから摂取してください。
特に、青汁に含まれているビタミンAやカリウム、リンなどは、人工透析を受けている人の健康状態を悪化させる可能性があると言われています。
また、何かの薬を服用している場合にはその薬と青汁の飲み合わせが悪い場合もあり得ますので、医師への相談をおすすめします。

このページの先頭へ